IR情報

代表挨拶

ご挨拶

サラ L.カサノバ

皆様へ

平素より格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。

2019年は、2018年に策定した中期経営計画のもと、全社一丸となり各種施策を推進してまいりました。おかげさまで、年間延べ約15億人のお客様にご来店いただくことができ、顧客満足度も過去最高レベルとなりました。その結果、全店売上高は創業以来最高の5,490億円を達成、1店舗当たりの平均月商も上場以来最高を更新することができました。

2020年も、マクドナルドは持続的な成長に向けて挑戦を続けてまいります。
将来にわたる成長のためには、美味しくて、バリューのあるお食事をお楽しみいただける場所をご提供するだけにとどまらない、より大きな取り組みが必要です。私たちは、引き続き「未来型店舗体験」の展開と、デリバリー等の成長分野への投資を強化し、これまでとは違ったチャネルを通じて、一人ひとりのお客様に新しい価値を提供することで、シームレスな顧客体験をお届けしてまいります。

また、「持続可能な開発目標 (SDG’s: Sustainable Development Goals) 」で掲げられた社会的課題への取り組みとして、子どもの栄養やプラスチックごみ等の社会問題において、当社の強みと規模(スケール)を活かしたScale for Goodと名付けた活動を継続いたします。

私たちはこれからもお客様、従業員、そして社会のために、よりよいマクドナルドとなることを目指します。

引き続き格段のご高配を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

2020年3月
日本マクドナルドホールディングス株式会社
代表取締役社長 兼 CEO
サラ L.カサノバ