IR情報

コーポレート・ガバナンス

基本的な考えと方針

当社は、株主をはじめ、顧客、従業員、フランチャイジー、サプライヤー等の全てのステークホルダーの利益の最大化に努めるとともに、経営の透明性・効率性を高め、当社グループの持続的な企業価値の向上を実現することが重要であると考えます。
このため、経営の意思決定・監督機能と業務の執行機能を分離し、適時的確かつ効率的な経営・執行体制の確立を図り、社外取締役の参加による透明性の高い経営の実現に取り組んでいます。

仕組み・体制

1. 取締役会

当社の取締役会は、社外取締役2名を含む9名で構成され、重要な経営の意思決定や、取締役の職務執行及び執行役員の業務執行に対する監督を行っています。社外取締役からは、当社の経営判断・意思決定の過程で、各自の専門分野を含めた幅広い経験、見識に基づいた助言を得ており、うち1名を一般株主と利益相反が生じる可能性がない独立役員として、東京証券取引所に届け出ています。

2. EMT

当社は、事業会社である日本マクドナルド株式会社において、CEO及びCEOが選任したメンバーで構成する「エグゼクティブ マネージメント チーム(EMT)」を設置しています。EMTは、執行役員から適宜報告を受け、執行役員と連携することで業務遂行の円滑化をはかるとともに、当該会社の取締役会から受託された範囲で、経営の意思決定を行うことで、意思決定の迅速化をはかっています。
経営に関する第三者の関与としては、各種コンサルタント及び弁護士等の専門家から法令遵守に対する指導及び助言を受けております。

3. 監査役会

当社の監査役会は、1名の常勤監査役と3名の非常勤監査役で構成され、取締役の職務執行をはじめ、経営に関する監視を行っております。さらに業務執行部門から独立したCEO直轄の内部監査室と密接に連携をとりながら、「監査役監査基準」に準拠して厳正に監査を行っています。
また、当社は、会計・経営等の専門分野に精通した幅広い経験・見識があり、公正・中立的な立場から職務を適切に遂行できる人材を社外監査役として選任し、うち2名を一般株主と利益相反が生じる可能性がない独立役員として、東京証券取引所に届け出ています。
また、内部監査室及び監査役会は、信頼に足ると判断する大手監査法人より会社法及び金融商品取引法に基づく法定監査の結果報告を受けるとともに、必要に応じて、同監査法人と情報交換、意見交換を行い、監査の実効性と効率性を確保するよう努めています。

4. 内部統制システムの整備等

当社は、当社のみならず、当社グループのために、日本マクドナルドの内部に法務担当執行役員を委員長としたコンプライアンス委員会を設置し、より高い企業倫理の遵守とリスク管理の側面からコンプライアンス体制を確立し、推進しています。
また、企業不祥事の発生を防止するための行動基準として「業務上の行動規範」ハンドブックを策定しているほか、社員のみならず、パート従業員、取引先等、グループ関係者及びその家族が通報、相談できる窓口として「コンプライアンス・ホットライン」を設置し、運用しています。
さらに、当社グループ全体の業務の適正化を維持するため、当社グループを構成する子会社等において、「内部統制規程」に定める業務適正化体制と同等の体制を整備するとともに、業務の適正を維持するために重要と考えられる事項について当社に報告させる体制をとっています。

コーポレート・ガバナンス体制図(事業会社を含む)

コーポレート・ガバナンス体制図