企業情報

ご挨拶

株主の皆様へ

株主の皆様におかれましては、日頃より格別のご高配にあずかり、心よりお礼申し上げます。また、このたびは当社商品の品質や安全性に関して、皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけしたにもかかわらず、ひとかたならぬご厚情を賜り重ねてお礼申し上げます。

2014年度の業績は、上海福喜問題の影響等により大変厳しいものとなり、全店売上高4,463億円(対前年比−11.5%)、経常損失80億円、当期純損失は218億円となりました。

日本マクドナルドの社長として、私はこの結果を真摯に受け止めており、お客様に安全な商品を安心して召し上がっていただけるように、あらゆる努力を惜しまず、でき得るすべてのことを私の責任で行ってまいります。
また、株主価値を高めるため、不退転の決意で、より一層の経営努力も行ってまいります。
具体的には、お客様をすべての活動の中心に据え、「お客様と心でつながるモダンバーガーレストラン」をビジョンとして、あらためて「価格」「メニュー」「店舗体験」といった分野において、“お客様の目に見える変化”を提供してまいります。

また、「お客様とのつながり」を強化するため、社長である私自らが全都道府県の店舗を訪れ、お客様の声を直接お伺いするとともに店舗で働く従業員とも対話し、品質やサービスの改善に活かしてまいります。
今後とも格段のご理解とご支援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。
代表取締役社長兼CEO サラ L.カサノバ

ページトップへ